Go to Contents Go to Navigation

正恩氏・恐怖政治のため韓国亡命を決意 北朝鮮の前駐英公使

記事一覧 2016.12.19 18:01

【ソウル聯合ニュース】8月に韓国に亡命したことが明らかになった北朝鮮のテ・ヨンホ前駐英公使は19日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の恐怖統治の影響で奴隷のような生活を送る悲惨な現実を認識し、体制に対する幻滅が大きくなり、韓国亡命の決意を固めたと明らかにした。韓国情報機関の国家情報院が国会で国会情報委員会の委員長や与野党幹事と行った懇談会で、テ氏の発言を伝えた。

2014年、英国で講演するテ氏(ユーチューブより)=(聯合ニュース)

 テ氏は「長期間の海外生活を通じ、韓国のドラマや映画などを見て、韓国の民主化や発展ぶりを体感するようになった」と話したという。

 また、テ氏は「北は資金横領などの罪を犯したため処罰を恐れて逃亡したと非難しているが、事実ではない。そういう謀略があると思って亡命前に大使館内の資金を精算し、写真にも撮っておいた」と主張した。

 北朝鮮では地位が上がるほど、監視が強まり自宅内の盗聴が日常化されているとも話した。玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)元人民武力部長(韓国の国防部長官に相当)が処刑されたのも、自宅での失言が原因だという。エリート層は仕方なく忠誠を誓うふりをするだけで、住民たちも昼間は「金正恩万歳」と叫ぶが、夜になると布団をかぶり、ドラマを見ながら韓国への憧れを高めていると説明した。

 国家情報院は23日にテ氏に対する調べを終え、韓国で一般的な社会活動を行えるようにする計画だ。

kimchiboxs@yna.co.kr

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。