Go to Contents Go to Navigation

サムスン LGと液晶パネルの取引交渉=シャープの供給中断で

記事一覧 2016.12.21 20:57

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子がシャープからテレビ用液晶パネルの供給を中断するとの通告を受けたことに伴い、パネルの調達戦略を見直していることが21日、分かった。

 業界関係者によると、サムスン電子はテレビの生産台数の約5~10%に当たる300万~500万台分のパネル不足を埋めるために、同じグループのサムスンディスプレーだけでなく、国内や中国の企業などと交渉を進めているもようだ。

 ただシャープが供給している割合は多くないため、サムスンがライバル社のLGのパネルを使う可能性は低いとの見方が強い。

 これについてサムスン側の関係者は、LGディスプレーと交渉していることを認めた上で、それ以上伝えるべき内容はないとコメントした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。