Go to Contents Go to Navigation

SKハイニックスが韓国に半導体新工場 来夏に着工

記事一覧 2016.12.22 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国の半導体大手SKハイニックスが、2兆2000億ウォン(約2160億円)を投じ中部の忠清北道・忠州に最先端の半導体工場を新設する。NAND型フラッシュメモリーの需要急増に対応するため。

SKハイニックス=(聯合ニュース)

 半導体工場とクリーンルームは、忠州の産業団地に敷地面積23万4000平方メートルで建設される。来年8月に着工、2019年6月の完成を目指す。

 SKハイニックスがSKグループ傘下に入った直後の2012年、半導体業界は投資が縮小する不透明な状況だったが、SKハイニックスはグループ会長の決断で設備投資を拡大してきた。

 昨年8月にはソウル近郊の京畿道・利川に半導体工場が完成。その際、半導体の世界市場リードを目的に総額46兆ウォンの中長期投資計画を発表した。今回建設を決めた忠州工場もその一環だ。  

 また、中国・江蘇省無錫市にあるDRAM工場の競争力を引き上げるため、来年から19年4月にかけて9500億ウォンを投じて施設を増設する。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。