Go to Contents Go to Navigation

20~40代の66% 「一人飲み」の経験あり=韓国

記事一覧 2016.12.23 10:54

【ソウル聯合ニュース】韓国で1人暮らし世帯が増加し、1人でお酒を楽しむ人も増えていることが23日、食品医薬品安全処の調査で分かった。

スーパーで焼酎を選ぶ買い物客=(聯合ニュース)

 調査は先月、全国の20~40代のうち6カ月以内に飲酒したことがある2000人(男性1028人、女性972人)を対象に行われた。

 「1人でお酒を飲んだことがある」との回答は66.1%で、このうち25.5%が「6カ月前に比べ1人で飲酒する回数が増えた」と答えた。

 食品医薬品安全処は、1人暮らし世帯の増加が飲酒文化にも反映されたとの見方を示した。統計庁によると1人暮らし世帯の割合は1990年の9.0%から2015年は27.2%に増加した。

 1人で飲むときのお酒の種類はビールが最も多く、焼酎、果実酒、濁り酒、ウイスキーと続いた。

 1人で飲酒する理由は、「気楽に飲めるから」との答えが62.6%、「ストレス解消のため」が17.6%、「一緒に飲む人がいないから」が7.7%、「費用節約のため」が5.2%などだった。

 1人で飲酒する場所は、「自宅」が85.2%で最も多く、次いで「居酒屋・ビアホール」(7.2%)、「食堂・カフェ」(5.2%)の順だった。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。