Go to Contents Go to Navigation

セウォル号沈没 潜水艦との衝突を改めて否定=韓国海軍

記事一覧 2016.12.27 15:03

セウォル号沈没 潜水艦との衝突を改めて否定=韓国海軍

朴大統領「空白の7時間」解明か

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は27日、2014年の旅客船「セウォル号」沈没事故の原因をめぐり潜水艦と衝突した可能性があるとの主張が出ていることについて、「虚偽事実の流布に対しては法的対応を取るなど強く対応する」と発表した。

弾劾可決で涙
沈没する「セウォル号」=(聯合ニュース)
「空白の7時間」解明求める
セウォル号遺族 亡き子の遺品整理

 海軍は「セウォル号の沈没事故当時、近くで訓練した潜水艦がなかったことを改めて明らかにする」と強調。沈没した海域の水深は平均37メートルで漁船や商船の移動が多く、潮流が速いため、潜水艦の航路として使えない場所と説明した。

 「ネチズン捜査隊ジャロ」と名乗るインターネットユーザーは26日に「セウォルX」と題したドキュメンタリー動画を「ユーチューブ」に掲載。珍島海上交通管制センターに保存されたセウォル号のレーダー映像を根拠に、沈没の原因が貨物の過積載や固定装置の不具合などではなく、外部からの衝撃、特に軍の潜水艦による衝撃の可能性があると主張した。

 海軍は26日にも会見を開き、潜水艦との衝突の可能性を否定している。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。