Go to Contents Go to Navigation

正恩氏「新年の辞」は国内向け 実際の政策と異なる=韓国当局

記事一覧 2016.12.30 14:55

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は30日の定例会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が来年1月1日に発表するとみられる「新年の辞」について、「対南(韓国)と対外(国際社会)部門の場合、(大義)名分をつくるための宣伝用となる可能性が高い」と述べた。

会見する鄭報道官=(聯合ニュース)

 金委員長は毎年元日に施政方針に当たる「新年の辞」を発表している。

 鄭報道官は、金委員長が2009年には非核化に触れ、2016年には核開発と経済発展を並行する「並進路線」に言及しなかったが、実際の行動はその正反対だったと指摘。「宣伝の側面があるため、(新年の辞に)過度な意味を付与することはしないほうがいいと判断している」と強調した。

 また、全体の90%は内部に関するもので、体制を引き締める意味合いがあると説明した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。