Go to Contents Go to Navigation

また少女像設置へ 自治体が一転許可=韓国西部・舒川

記事一覧 2017.01.03 18:29

また少女像設置へ 自治体が一転許可=韓国西部・舒川

釜山の日本総領事館前に再び少女像

【舒川聯合ニュース】韓国西部の忠清南道舒川郡で旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の設置を目指す市民団体「舒川平和の少女像建立推進委員会」は3日、同郡が郡内の総合施設「春の村」への像の設置を許可したと伝えた。17日に除幕式を行う。

釜山での少女像撤去に抗議
舒川の少女像=(聯合ニュース)
釜山の日本総領事館前に少女像
尚州にも少女像

 これまで郡は「民間団体は共有財産に施設物を設置できない」との立場を崩さず、団体と対立してきた。

 少女像は地元の市民団体や学生らが製作費など2000万ウォン(約195万円)を集めて、昨年11月に完成させた。だが、郡が春の村への設置を認めず、施設前の広場の一角に臨時に置いていた。

 韓国全国では36カ所に少女像が設置され、昨年12月30日には釜山の日本総領事館前の歩道に建てられた。歩道を管理する釜山市東区は当初、道路法に基づき設置を認めず、市民団体が同28日に設置した像を一度は撤去した。だが、区に非難が殺到し、区長が一転設置を容認する方針を表明。団体は再び像を設置した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。