Go to Contents Go to Navigation

韓国の外貨準備高 3カ月連続下落=ドル高など影響

記事一覧 2017.01.04 06:00

【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した昨年12月末の外貨準備高は前月比8億8000万ドル減となる3711億ドル(約43兆8121億円)で、3カ月連続の減少となった。昨年6月以来の低水準となる。

 トランプ米次期大統領の経済政策への期待感や米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げなどの影響でドル高が進んだことが影響した。ドル高により、ユーロや円などドル以外の資産のドル換算額が減少したという。

 内訳を見ると、有価証券は3433億3000万ドルで、前月比64億5000万ドル増えた。預金は183億7000万ドルで72億9000万ドル減少した。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は28億8000万ドルで3000万ドル減った。金保有は前月と変わらず47億9000万ドルだった。

 昨年12月末の外貨準備高は前年比では31億4000万ドル増加した。

 韓国の外貨準備高は昨年11月末時点で世界8番目の規模だ。1位は中国の3兆516億ドルで、日本(1兆2193億ドル)、スイス(6858億ドル)、サウジアラビア(5383億ドル)、台湾(4343億ドル)、ロシア(3853億ドル)、香港(3850億ドル)と続いた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。