Go to Contents Go to Navigation

昨年の輸入車販売 VW急減・ベンツが1位=韓国

記事一覧 2017.01.05 14:22

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)は5日、昨年の輸入車の新規登録台数が前年比7.6%減の22万5279台と集計されたと発表した。ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は排ガス不正問題などの影響で急減した。

出荷を待つ輸入車=(聯合ニュース)

 VWは俳ガスや騒音などの試験成績書を偽造した問題で主力車種が韓国政府から販売停止処分を受けたこともあり、63.2%減の1万3178台だった。昨年12月の販売台数はゼロだった。傘下の高級車ブランド、アウディの昨年の販売台数も48.6%減の1万6718台にとどまった。

 ブランド別販売台数では、昨年6月に発表された新型「Eクラス」が人気のメルセデス・ベンツが5万6343台でトップ。2015年に首位だったBMW(4万8459台)は2位に後退した。

 昨年の年間ベストセラー車はBMWの代表モデル「520d」(7910台)だった。

 国別ではドイツが1位。VWとアウディの急落の影響で前年比17.5%減少したが、13万7885台を売り上げた。続いて日本(3万5029台)、英国(2万3254台)、米国(1万8281台)となった。

 協会は今年の輸入車の市場規模を昨年より1万2000台多い23万8000台と予想している。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。