Go to Contents Go to Navigation

「注射おばさん」は無免許70代女性か 捜査線上に浮上

記事一覧 2017.01.06 15:49

「注射おばさん」は無免許70代女性か 捜査線上に浮上

崔順実被告 初公判に出廷

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件に絡み、朴大統領に青瓦台(大統領府)内で違法な医療行為を行った、いわゆる「注射おばさん」について、無免許で医療行為を行った前科がある70代の女性が捜査線上に浮上したことが6日、分かった。

朴大統領は違法な医療行為を受けた疑いがある(CGイメージ)=聯合ニュースTV
崔被告の娘 デンマークで警察に拘束
緊急逮捕された前保健福祉相

 法曹界関係者によると、崔被告の国政介入事件を捜査している特別検察チームは、無許可で医療行為を行って有罪判決を受けたことがあるペクとい名の女性(73)が「秘密の客人」として青瓦台に出入りした「注射おばさん」と同一人物かどうかを調べている。

 女性は医師免許を持たずに、主に美容目的で使われる胎盤注射(胎盤から抽出したエキスを使用)やローヤルゼリーなどの注射をしたとして保健犯罪取り締まりに関する特別措置法違反の罪で起訴され、2005年に懲役1年6カ月、執行猶予3年、罰金200万ウォン(現在のレートで約19万円)の判決を受けた。

元大統領秘書室長の自宅捜索

 ペク氏はソウル・江南区の住宅街などで2003年1月から2005年8月にかけ、訪問施術を行って3000万ウォン(同約290万円)を手にした。

 特別検察チームは「注射おばさん」や「気治療おばさん」など秘密裏に行われた医療行為に関与した疑いのある人物のリストを入手し、事実関係を調査中だ。

特別検察官チームが本格稼働

 これに関連し、特別検察チームの関係者は「ペク先生は捜査対象の一人」だと明かした。

 「注射おばさん」の登場には崔被告も関与したとされる。

 崔被告の弁護人、李ギョン在(イ・ギョンジェ)弁護士によると、崔氏に「注射おばさん」の経緯を聞いたところ、「応急(措置)は誰かがやる必要があるので、自分がその仕事を担当した」と話したという。

 李弁護士は「大統領が非常に疲れている時に正式に医療陣を呼ぶと記録が残り、手続きも複雑ではないか」として、「その役割(非公式診療)を崔氏が担ったわけだが、国民は崔氏がそれを利用して国政を思い通りにしたという」と主張した。

 デンマークで拘束された崔被告の娘、チョン・ユラ容疑者は「『注射おばさん』のペク室長は自分が知っている人だと思う」と語った。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。