Go to Contents Go to Navigation

エコカーの国内販売 昨年は7万台に迫る=韓国

記事一覧 2017.01.08 17:02

エコカーの国内販売 昨年は7万台に迫る=韓国

未来の車の話をしよう

【ソウル聯合ニュース】韓国内のエコカーの年間販売台数が昨年、過去最多を記録したことが8日、分かった。

起亜自動車「ニロ」(同社提供)=(聯合ニュース)
新型コランドをお披露目

 韓国自動車産業協会と韓国輸入車協会によると、韓国で昨年販売されたエコカーは韓国車と輸入車を合わせ6万8761台で過去最多を記録した。15年の3万1743台に比べ2倍以上増加した。

「アコードHV」の新モデル発売へ

 メーカー別では現代自動車と傘下の起亜自動車が5万1052台でシェア74.3%を記録した。次いで輸入車(1万6716台)、ルノーサムスン自動車(637台)、韓国GM(356台)の順だった。

 エコカーの販売増加は起亜の小型クロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)「ニロ(NIRO)」がけん引した。ニロは昨年1万8710台が販売された。

現代 米で自動運転車試乗会

 ニロの好調により起亜のエコカー販売台数(2万5607台)が昨年初めて現代(2万5445台)を上回った。

 タイプ別ではハイブリッド車(HV、プラグインハイブリッド車を含む)が91.4%で最も多く、電気自動車(EV)、水素自動車が後に続いた。

 韓国でエコカーが本格的に販売され始めた05年から昨年までの販売台数の累計は21万8167台で、20万台を突破した。

 14年の累計10万台突破まで9年かかったが、その後2年で10万台増加し、市場が急成長している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。