Go to Contents Go to Navigation

韓国大統領権限代行 トランプ氏就任に祝電を計画

記事一覧 2017.01.09 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国の黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相が、米国で20日にトランプ氏が大統領に就任するのに合わせ祝電を送る計画だ。黄氏の関係者への取材で分かった。黄氏がトランプ氏宛てにメッセージを送るのは初めて。

トランプ氏=(AP=聯合ニュース)

 黄氏の関係者は9日、「実質的な内容を盛り込んだ、特別な意味を持つ祝電だ」と説明した。韓米同盟の意味と今後の発展方向について説明する書簡形式の祝電を送る計画だ。

 これまでの韓米同盟の発展を評価し、これらの成果を基に同盟を深め発展させるとの内容が盛り込まれるようだ。特に、北朝鮮の核とミサイルの脅威が続いていることから、北朝鮮問題を含む懸案に対し韓米間の協調強化を呼びかけるとみられる。

 黄氏は現時点でトランプ氏との電話会談は計画していないとされる。就任式には韓国政府を代表して安豪栄(アン・ホヨン)駐米大使が出席する計画だ。

 韓国の外交は、日本とは旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像をめぐり、中国とは米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備問題であつれきが生じている。トランプ氏とはまだ直接面会していないが、この祝電を米新政権と新たな関係を構築するためのスタートとしたい考えだ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。