Go to Contents Go to Navigation

崔被告 利権介入疑惑「知らない」=弾劾審理に初めて出席

記事一覧 2017.01.16 12:20

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾訴追を審理する憲法裁判所は16日、5回目の弁論を開いた。証人として出席した朴大統領の親友、崔順実(チェ・スンシル)被告は各種利権介入疑惑に関するコ・ヨンテ被告ら元側近の証言について、「知らない」「信ぴょう性がない」などの発言を繰り返し、具体的な答弁を避けた。崔被告が憲法裁の審理に出席するのは初めて。

弁論に出席する崔被告=16日、ソウル(聯合ニュース)

 崔被告は国会訴追委員らから質問を受けた。崔氏が所有しているとされる会社「THE BLUE K」の取締役だったコ氏の証言について「完全なでっち上げだ」と主張。「信ぴょう性がなく、計画的に仕組まれた」と強調しながらも、詳しい理由は明かさなかった。

 ただ、娘で馬術選手のチョン・ユラ容疑者への馬術訓練支援疑惑については「あまりにも論理の飛躍」などと声を上げ、敏感な反応を示した。そのうち、サムスングループから約35億ウォン(約3億4000万円)の支援金を受け取り、娘の訓練に使ったとの疑惑に関して、「サムスンのような大きな会社が娘1人だけのために(訓練の支援金を支給)するのか」と反問し、「(サムスンと訓練契約を締結したのは)五輪に向けてのもの」と述べ、関連する疑惑を否定した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。