Go to Contents Go to Navigation

韓国国政介入事件 サムスンの次の捜査対象はロッテとSKか

記事一覧 2017.01.16 17:18

【ソウル聯合ニュース】韓国政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領が絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を調べている特別検察官の捜査チームは16日、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の逮捕状を請求した。

 特別検察官チームはサムスンに続き、SKグループやロッテグループなどの財閥へと捜査を拡大するとみられており、崔被告が実質的に支配した文化支援財団「ミル財団」とスポーツ支援財団「Kスポーツ財団」への資金拠出などをめぐる朴大統領と大企業の疑惑の捜査もヤマ場を迎えることになりそうだ。

 特別検察官チームの李圭哲(イ・ギュチョル)報道官は6日の会見でサムスン以外の大企業を贈収賄の疑いで捜査する可能性について、「今は話せないが、それと関連して疑惑がある企業に対しては捜査が進められると思われる」と述べた。

 特別検察官チームの捜査対象には「サムスンなどの企業」が崔被告の一族を支援することで企業が抱えている懸案を解決しようとした疑惑が含まれている。同疑惑と関連し、サムスンの次に捜査対象になるのはロッテとSKと見られている。

 特別検察官チームは、韓国ロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)会長やSKグループの崔泰源(チェ・テウォン)会長をはじめとする大企業のトップ数人の出国を禁じているとされる。

 検察の特別捜査本部は同事件をめぐり、第三者供賄の疑いで両グループの家宅捜索をすでに行っている。だが特別検察官チームによる捜査の開始が予想されたため、本格的な捜査に入る前に事件を同チームに引き継いだ。

 「ミル財団」と「Kスポーツ財団」に出資した金額はSKグループが111億ウォン(約10億7000万円)、ロッテグループが45億ウォンとなっている。

 ロッテグループは昨年5月末、同財団が建設を計画したスポーツ施設に70億ウォンを追加で寄付したが、グループの裏金疑惑をめぐる検察の家宅捜索(6月10日)前日の同9日から13日にかけて返金を受けた。SKグループは同財団からアスリートの海外訓練支援を名目に80億ウォンを要求されていたが、出資は行われなかった。

 特別検察官チームは朴大統領がSKとロッテに対し、問題の解決を「見返り」に資金の提供などを要求した可能性を捜査しており、特にロッテの辛会長が昨年3月14日に、SKグループの金昌根(キム・チャングン)SKイノベーション会長が2015年7月24日にそれぞれ朴大統領と単独で面談したことと疑惑の関係に注目している。

 SKは崔会長の特別赦免、ロッテはソウルでの免税店事業の認可などといった懸案を抱えていた。朴大統領と金会長が面談してから約20日後、横領などの罪で服役中だった崔会長は光復節(8月15日、日本植民地からの解放記念日)の特別赦免により、出所した。赦免権は大統領の特別権限だ。

 特別検察官チームは大企業への捜査が終了すれば朴大統領に対する対面での聴取を進める方針だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。