Go to Contents Go to Navigation

韓国西部・舒川で少女像除幕式 56体目

記事一覧 2017.01.17 17:02

【舒川聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が17日、韓国西部の忠清南道舒川郡にある総合施設の広場に設置された。米国やカナダなどを含め、世界各地に建てられた少女像の56体目となる。

除幕式で少女像に献花する女性たち=17日、舒川(聯合ニュース)

 除幕式には郡民ら約100人が参加し、経過報告や伝統公演などが行われた。少女像の後ろに建てられた碑文には「うそや懐柔で日本軍の慰安婦として連れて行かれた20万人の少女や女性の苦痛と痛みを慰労します。このような悲しい歴史が繰り返されないよう記憶します」と書かれている。

 少女像は昨年11月、郡民ら約3000人の募金2000万ウォン(約190万円)で製作された。だが、舒川郡は「民間団体は共有財産に施設物を設置できない」として総合施設「春の村」への設置を認めず、像は広場の一角に臨時に置かれていた。昨年末、郡が設置を認め、除幕式が行われることになった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。