Go to Contents Go to Navigation

THAAD巡る中国との対立 「外交で解決可能」=潘前国連総長

記事一覧 2017.01.18 15:21

【光州聯合ニュース】潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長は18日、韓国南部・光州にある朝鮮大で講演し、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備をめぐる中国との対立について、「いくらでも外交で解決できる」との見解を示した。

朝鮮大で公演する潘氏=18日、光州(聯合ニュース)

 潘氏は「THAADは防御用だ。攻撃用ではない」として、「経済、社会政策はやってみてだめなら変更することができるが、安全保障は一度逃したらおしまい」と強調。「朝鮮半島は準戦時状態」と指摘し、「朝鮮半島問題を間違った方向で解決すると、地域紛争を超え、国際紛争になる」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。