Go to Contents Go to Navigation

生存する慰安婦被害者39人に 中国で90代女性他界

記事一覧 2017.01.18 15:40

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦被害者のパク・チャスンさんが18日、中国湖北省孝感市の自宅で亡くなった。94歳。これにより、韓国政府に登録された慰安婦被害者239人のうち生存者は39人に減った。

韓国の各地に慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されている。ソウルの日本大使館前の像(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国女性家族部によると、脳梗塞などを患っていたパクさんは最近容体が悪化し、この日午前に他界したという。

 パクさんは1923年、現在の韓国・全羅北道で生まれた。42年ごろ中国内の日本軍占領地に連れて行かれ、南京、武昌などの日本軍慰安所で慰安婦として生活した。終戦後に慰安所から逃げ出したが、故郷へ戻ることができず、中国で養女を育てながら暮らしていたという。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。