Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子が通期・10~12月期増益 半導体けん引  

記事一覧 2017.01.24 11:27

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が24日に発表した2016年10~12月期の連結決算によると、本業のもうけを示す営業利益は9兆2200億ウォン(約8946億円)で前年同期比3.1%増加した。四半期ベースで過去最高だった13年7~9月期(10兆1600億ウォン)と同年4~6月期(9兆5300億ウォン)に次ぐ大きさ。

サムスン電子=(聯合ニュースTV)

 昨年10~12月期の売上高は53兆3300億ウォンで、前年同期比0.03%増加した。

 半導体が全体をけん引した。部門別の営業利益をみると、半導体部門は4兆9500億ウォンで、過去最高だった15年7~9月期(3兆6600億ウォン)を1兆ウォン以上、上回った。モバイル向け半導体メモリーの需要が急増し、単価が上昇したため。18ナノメートルプロセスのDRAMと48層の積層構造の「V―NAND」型フラッシュメモリーを量産するなど、競合他社を引き離す技術力が過去最高益に導いたと分析される。

 スマートフォンなどのIM(ITモバイル)部門の営業利益は2兆5000億ウォン、ディスプレー部門は1兆3400億ウォン、消費者家電(CE)部門は3200億ウォンと集計された。

 16年通期は、売上高が前年比0.6%増の201兆8700億ウォン、営業利益が10.7%増の29兆2400億ウォンだった。

 売上高は5年連続で200兆ウォン台を記録した。営業利益は13年(36兆7900億ウォン)に次いで過去2番目の高さとなった。

 サムスン電子は今年も半導体とディスプレーを主力とする部品事業部を中心に成長を目指す。

 半導体の場合、半導体メモリーのうち高付加価値製品の販売を拡大し、10ナノプロセスのDRAMと64層V―NAND型フラッシュメモリーへの移行を進める。システムLSI(大規模集積回路)に関しては顧客企業の多様化と高付加価値製品の供給拡大、10ナノプロセス製品の供給に注力する方針だ。

 ディスプレーは、有機ELパネルのうち高付加価値のフレキシブル製品の外部供給を拡大し、液晶パネルの収益性改善にも取り組む。

 IM部門はスマホ市場の成長鈍化が予想されるが、製品の安定性強化を通じ消費者の信頼回復に努める。同時にデザインと機能の差別化、ユーザーエクスペリエンス強化により、ハイエンド製品の販売拡大を重点的に推し進める計画だ。

 CE部門はテレビや冷蔵庫のハイエンド製品の販売と、生活家電の企業間取引に対する投資を拡大していく。スマート家電も強化する予定だ。

 ただ、今年1~3月期の業績は前期に比べると低下が予想される。サムスン電子関係者は、季節的要因によるテレビ販売の減少とモバイル製品のマーケティングコストの増加を理由に挙げた。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。