Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮人権増進諮問委員会が発足=韓国

記事一覧 2017.01.24 14:19

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の北朝鮮人権増進諮問委員会が24日、発足した。

 洪容杓(ホン・ヨンピョ)統一部長官は同日、与野党が推薦した10人に同委員会諮問委員を委嘱した。諮問委員の任期は2年。

 昨年9月に施行された北朝鮮人権法に基づき発足した同委員会は、統一部の北朝鮮人権増進基本計画の策定、北朝鮮人権財団と北朝鮮人権記録センターの運営に関する事項について意見を答申する。

 当初は同法施行直後に発足する予定だったが、野党の諮問委員推薦が遅れ、発足がずれ込んだ。

 また、同法に基づき昨年設立される予定だった北朝鮮人権財団も、理事が決まらず設立が先延ばしになったままだ。

 財団の理事は全12人で、統一部長官が2人、与野党が計10人を推薦するが、最大野党「共に民主党」の推薦が遅れている。同党は常任理事職2人のうち1人を野党側から出すよう要求しているとされる。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。