Go to Contents Go to Navigation

特別検察事務所に護送された崔被告 「悔しい」と絶叫=韓国

記事一覧 2017.01.25 14:52

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で、国政介入事件で起訴された崔順実(チェ・スンシル)被告が25日、取材陣の前で「悔しい」などと声を張り上げた。昨年秋に初めて検察に出頭した際とあまりに異なる姿は、注目を集めた。

「悔しい」などと声を張り上げる崔被告=25日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国政府から独立して事件を調べている特別検察官の捜査チームは、出頭要請を6回にわたり拒否した崔被告の逮捕状を取り、この日、特別検察官の事務所に強制的に呼び出した。

 護送車から降りた崔被告は、事務所に向かうエレベーターまで20~30メートルの距離を歩きながら「民主主義の(ための)特別検察じゃない」「自白を強要している」「とても悔しい」などと叫び続けた。寒い中で崔被告を待っていた報道陣が質問する暇もなかった。

 崔被告はエレベーターの前でしばし立ち止まり「悔しい」などと声を張り上げたため、護送していた刑務官らに力づくでエレベーターに乗せられた。

 崔被告の様子は、昨年秋に検察へ出頭した当時とは真逆だ。崔被告は昨年10月31日、ソウル中央地検に出頭した際には、帽子やマフラーで顔を隠すようにし、涙声で「死に値する罪を犯した」などと述べていた。

stomo@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。