Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の弾劾審理 早期結論を=韓国憲法裁所長が退任

記事一覧 2017.01.31 13:51

【ソウル聯合ニュース】韓国憲法裁判所の朴漢徹(パク・ハンチョル)所長は31日、憲法裁で行われた退任式で、「大統領の職務停止状態が2カ月近く続いている状況の重大性に照らし、早期に結論を下さなければならないということを全ての国民が共感している」として、朴槿恵(パク・クネ)大統領の罷免の可否を判断する審理を早期に下すよう呼びかけた。

退任式後、職員にあいさつする朴所長=31日、ソウル(聯合ニュース)

 朴所長は同日、6年の任期を終えて退任した。

 朴所長は25日に開かれた9回目の弁論で、もう1人の裁判官が退任する3月13日までに結論を出すよう求めていた。

 大統領の弾劾には9人の裁判官のうち、6人以上の賛成が必要となり、4人が反対する場合に棄却される。3月13日後に7人に減る場合も6人以上の賛成が必要で、2人の反対でも弾劾は棄却される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。