Go to Contents Go to Navigation

朴大統領支持団体が無断でテント設置 ソウル市が強制撤去検討

記事一覧 2017.01.31 15:03

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の弾劾に反対する団体がソウル市庁前の広場に無断でテントを設置し座り込みを行っていることについて、ソウル市の報道官は31日、強制撤去も検討する方針を明らかにした。

焼香所の設置を阻止しようとしたソウル市関係者らに抵抗して右手を上げる団体関係者=31日、ソウル(聯合ニュース)

 保守団体などでつくる「大統領弾劾棄却のための国民総決起運動本部」は21日、市に申告せず広場にテントを設置した。テントは約40張りに増えている。28日に自宅のマンションから飛び降りて自殺した朴大統領支援団体の60代の男性を追悼する焼香所も設置した。

 報道官は「広場は原則的に特定の団体のためのものではなく、市民の誰もが使用できなければならないが、申告なく占有されている」として、「複数にわたり撤去を求めたが(応じないため)、(行政)代執行を戒告することを検討している」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。