Go to Contents Go to Navigation

反政権文化人リスト疑惑 朴大統領が閣僚らと共謀=韓国特別検

記事一覧 2017.01.31 21:06

【ソウル聯合ニュース】朴槿恵(パク・クネ)政権に批判的な芸術家や俳優ら文化・芸術界関係者をリストアップした「ブラックリスト」が作成されていたとの疑惑で、元大統領秘書室長の金淇春(キム・ギチュン)容疑者や前文化体育観光部長官の趙允旋(チョ・ユンソン)容疑者と朴大統領が共謀関係にあったとの結論を特別検察官の捜査チームが出したもようだ。

 捜査チームは韓国政府から独立して朴大統領が絡む疑惑と親友の崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件を調べている。

 聯合ニュースが31日までに入手した元文化体育観光部長官の金鍾徳(キム・ジョンドク)容疑者や元青瓦台政務首席秘書官の申東チョル(シン・ドンチョル)容疑者などの公訴事実によると、捜査チームは朴大統領を同疑惑の共犯とみなした。

 捜査チームは朴大統領が2013年9月30日に開かれた首席秘書官会議で金容疑者や辛容疑者に「国政の指標は文化隆盛であるのに、左寄りの文化・芸術界に問題が多い」とした上で、「特にロッテやCJなど投資家が協力をしなくて問題だ」という趣旨の発言をした事実を把握した。その後、14年5月までに3000余りの「問題団体」と8000人余りの左寄りの著名人に対するデータベースが青瓦台主導で構築されたという。

 辛容疑者などがデータベースの構築を終え、金容疑者と朴大統領に対し、「問題団体措置内容および管理案」という書面で報告したことが明らかになった。

 また、乗馬の政策に関して崔容疑者の要求に従わなかった盧泰剛(ノ・テガン)文化体育観光部体育局長(当時)と陳載手(チン・ジェス)同部体育局体育政策課長(当時)が更迭されたことについても、捜査チームは朴大統領が関与していたとみなし、法的な責任が避けられないとして共犯とした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。