Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の聴取時期 柔軟に対応する可能性も=韓国特別検察

記事一覧 2017.02.02 16:53

朴大統領の聴取時期 柔軟に対応する可能性も=韓国特別検察

沈黙の出頭

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に絡む疑惑を調べている特別検察官の捜査チームは2日、朴大統領の事情聴取の時期について調整可能だとの立場を示唆した。

朴大統領の弾劾に反対
家宅捜索迫る大統領府
朴大統領=(聯合ニュースTV提供)

 李圭哲(イ・ギュチョル)報道官はこの日の定例会見で、聴取の時期について「いつ実施するかも重要だが、対面聴取が可能な方向で検討する予定なので状況によっては流動的になる可能性もあると判断している」と説明した。

 これまで捜査チームは、遅くても今月上旬までには対面聴取が実施されるべきだとの立場を示してきたが、朴大統領側との日程調整の過程で柔軟に対応する可能性もあるとみられる。

連続出頭拒否で逮捕状執行

 李報道官は「いかなる形であれ大統領と必ず対面し聴取するというのが特別検察官の基本的な考えだ」と改めて強調した。

 聴取を朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官が直接行うかどうかについては「まだ決まっていない」と説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。