Go to Contents Go to Navigation

韓国統一部「北朝鮮、先月中旬ごろ国家保衛相を解任」

記事一覧 2017.02.03 11:37

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は3日の定例記者会見で、「1月中旬ごろ、北の金元弘(キム・ウォンホン)国家保衛相が朝鮮労働党組織指導部の調査を受け、大将から少将に降格された後、解任された」と明らかにした。党組織指導部は現在も金氏を厳しく調べているとしながら、「処罰の程度が引き上げられたり対象者が拡大したりする可能性がある」と述べた。

金元弘氏=(北朝鮮・朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 金氏の処分の背景については、「表面的には(秘密警察である)国家保衛省が取り調べなどで行った拷問などの人権じゅうりんと、越権や不正腐敗などが原因とみられる」と説明した。また、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が主要側近で恐怖政治を支えてきた金元弘氏を解任したことにより、幹部に動揺が広がり住民統制も緩むなど体制の不安定さが増すとの見方も示した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。