Go to Contents Go to Navigation

THAADは防衛用 年内配備で一致=韓米国防相会談

記事一覧 2017.02.03 12:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の韓民求(ハン・ミング)国防部長官とマティス米国防長官は3日、ソウルで会談を行い、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」は「北朝鮮のミサイル脅威に対する防御システム」として、年内に在韓米軍に配備して運用できるよう、計画通り推進していくことを確認した。韓国国防部が明らかにした。

会談で握手を交わす韓氏(右)とマティス氏=3日、ソウル(聯合ニュース)

 両氏は北朝鮮の核とミサイル脅威について情報交換し、今後の挑発の可能性について幅広く協議した。その上で、強力な合同防衛態勢を維持することが重要との認識で一致した。

 マティス氏は北朝鮮の核とミサイル脅威に対する米国の拡大抑止公約をあらためて確認したという。

 国防部は「トランプ政権でも強固な韓米同盟や強い対韓国防衛公約を維持、強化することとし、今後も両国関係を共通の価値と信頼に基づいた包括的な戦略同盟として、さらに発展させていくことにした」と会談の結果を伝えた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。