Go to Contents Go to Navigation

大統領府への家宅捜索「あらゆる方策を検討」=韓国特別検察 

記事一覧 2017.02.05 17:05

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に絡む疑惑を調べている特別検察官の捜査チームの李圭哲(イ・ギュチョル)報道官は5日、青瓦台(大統領府)から家宅捜索を拒否されたことについて、任意提出の形で捜査に必要な資料を受け取ることなどを含めあらゆる方策を検討していると述べた。

家宅捜索を拒まれ、青瓦台を引き揚げる捜査チーム=3日、ソウル(聯合ニュース)

 また、青瓦台への家宅捜索は「捜査の上で不可欠な手続きである証拠集めのため必要なもの」とし、ポーズのための捜査という一部からの指摘を否定した。現職の大統領を容疑者と令状に記し、家宅捜索を試みたことを青瓦台が違憲と指摘したことについては「不当(な主張)だ」と反論した。

 一方、青瓦台への家宅捜索とは関係なく、朴大統領の対面聴取は必要だとする立場を改めて示した。

 捜査チームは3日、青瓦台の家宅捜索を試みたが、立ち入りを拒否され、引き揚げた。青瓦台は捜査チームの家宅捜索について、「弾劾審判の判断が出ていない状況で、大統領を容疑者として明記した捜索令状で無理な捜査を行うことは憲法に反する」と遺憾を表明していた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。