Go to Contents Go to Navigation

韓国次期大統領選の支持率 文氏が独走=潘氏不出馬で

記事一覧 2017.02.06 10:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社リアルメーターが6日に発表した次期大統領選有力候補の支持率調査で、最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表が31.2%と、前週から2.8ポイント上がった。5週連続の首位。潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が1日に大統領選不出馬を表明した後、文氏の「1強体制」になったとリアルメーターは伝えた。

文在寅氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 調査は1~3日、全国の成人1519人を対象に実施された。文氏の支持率を日別にみると、3日に33.8%と最高記録を更新した。

 2位争いは激しさを増している。共に民主党所属の安熙正(アン・ヒジョン)忠清南道知事が13.0%、これを黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行首相が12.4%で追っている。

 安氏は前週5位だったが、6.2ポイント上げ2位に躍り出た。黄氏は与党セヌリ党の潘氏支持層を取り込み、5.8ポイント上昇したという。

 第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)前代表は前週より2.4ポイント高い10.9%で、2カ月ぶりに10%台を回復した。共に民主党所属の李在明(イ・ジェミョン)城南市長は1.0ポイント下がり8.6%だった。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。