Go to Contents Go to Navigation

1月の輸入車登録 前年比2.7%のプラスに=韓国

記事一覧 2017.02.06 11:12

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会(KAIDA)は6日、1月の輸入車の新規登録台数は1万6674台で前年同月比2.7%増加したと発表した。3カ月ぶりにプラスに転じた。

メルセデス・ベンツのEクラス=(聯合ニュース)

 1月の登録台数をメーカー・ブランド別にみると、メルセデス・ベンツが6848台でトップ。Eクラスの人気を追い風に、輸入車全体の41%を占める勢いを見せた。次いでBMW(2415台)、フォード・モーター(1023台)、トヨタ自動車(895台)、レクサス(724台)、ホンダ(684台)、ランドローバー(595台)、MINI(541台)などの順だった。

 排ガスや騒音などの試験成績書を偽造した問題で主力車種が販売停止処分を受けたフォルクスワーゲン(VW)傘下のアウディは474台にとどまった。販売できる車がないVWは0台だった。

 欧州車が1万2118台(全体の72.7%)、日本車が2952台(17.7%)、米国車が1604台(9.6%)と集計された。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。