Go to Contents Go to Navigation

「少女像」の呼称 引き続き使用=韓国外交部

記事一覧 2017.02.07 16:16

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は7日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の呼称をめぐり、日本政府が「慰安婦像」に統一する方針を示したことについて、「わが政府は少女像という名称を引き続き使う」と述べた。

釜山の日本総領事館前に設置されている少女像=(聯合ニュース)

 趙報道官は「少女像は名称とは別に、被害者の名誉や尊厳の回復、心の傷の癒やしという(日本との)慰安婦合意の目的に沿うことが重要」と説明した。

 釜山の日本総領事館前に少女像が設置されたことや日本の独島領有権主張などで両国関係が極度に悪化する中、韓国政府の原則的な立場を表明した形だが、日本の動きに消極的に対応しているとの批判も出そうだ。

 一方、長嶺安政・駐韓日本大使の一時帰国から1カ月になることに関しては、「具体的な帰任の日程と関連して日本政府から通告を受けたことはない」として、「基本的に日本政府が決める問題」との立場を重ねて示した。

 その上で、「両国は近い隣国であり、さまざまな分野で利害関係を共有する重要なパートナー」と述べ、「難しい問題があっても相互協力を通じ、関係を肯定的な方向に発展させていかなければならない。こうした側面から政府は日本側と引き続き意思疎通を図っていきたい」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。