Go to Contents Go to Navigation

三菱電機 韓国・仁川にエレベーター新工場着工

記事一覧 2017.02.08 14:19

【仁川聯合ニュース】三菱電機が8日、ソウル近郊の仁川・松島国際都市にエレベーターの製造・研究開発施設を着工した。

新施設のイメージ図(仁川経済自由区域庁提供)=(聯合ニュース)

 新工場は延べ床面積1万9000平方メートル。12月に完成し、来年2月から本格的に稼働する予定だ。事業費は305億ウォン(約30億円)で、三菱電機が80%、三菱商事が20%を投資する。三菱電機の対韓投資としては最大規模となる。

 新工場にはグローバルに対応する製品検証センターも設けられ、日本本社から主な検証業務が移管される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。