Go to Contents Go to Navigation

ミュンヘン安保会議で朝鮮半島特別セッション 韓国外相が演説

記事一覧 2017.02.09 12:22

【ソウル聯合ニュース】ドイツで17~19日に開催されるミュンヘン安全保障会議で「朝鮮半島特別セッション」が開かれることが9日、韓国外交筋の話で分かった。外交筋は聯合ニュースの取材に、ミュンヘン安保会議で初となる朝鮮半島特別セッションが18日に開かれ、外交部の尹炳世(ユン・ビョンセ)長官が基調演説を行う予定だと伝えた。

外交部の尹炳世長官(資料写真)=(聯合ニュース)

 尹長官は演説で、北朝鮮核問題の解決に向け北朝鮮への制裁・圧力路線を維持・強化すべきだと訴え、これに向けた国際社会の緊密な協力を呼び掛けるとみられる。

 尹長官はミュンヘン安保会議と、これに先立ちドイツ・ボンで開かれる20カ国・地域(G20)外相会議(16~17日)への出席を機に、主要国と積極的に2国間会談を行い北朝鮮核問題をめぐる外交活動を展開する考えだ。

 ミュンヘン安保会議には米国のティラーソン国務長官をはじめ、日本の岸田文雄外相、中国の王毅外相、ロシアのラブロフ外相と、北朝鮮核問題を話し合う6カ国協議の当事国5カ国の外相がそろう予定だ。

 尹長官はG20外相会議とミュンヘン安保会議に合わせてティラーソン長官と初の韓米外相会談を行うことで原則的に合意し、具体的な日程を調整中とされる。

 また、岸田外相との韓日外相会談も開催する方向で、水面下で調整を続けているようだ。王外相との会談も検討中だ。日本とは旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の問題、中国とは米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の在韓米軍配備問題であつれきを抱えており、関係改善の糸口をつかみ、北朝鮮核問題で協力を深められるかどうかが注目される。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。