Go to Contents Go to Navigation

正恩氏 張成沢氏の粛清後に1千人処刑か=脱北者証言

記事一覧 2017.02.10 08:36

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮脱出住民(脱北者)の姜哲煥(カン・チョルファン)北朝鮮戦略センター代表は10日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の叔父で北朝鮮ナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)氏の処刑に関連し、党の幹部約415人、傘下機関の幹部約300人、人民保安省幹部約200人が公開銃殺されたと証言した。

北朝鮮戦略センターの姜哲煥代表=(聯合ニュース)

 また、処刑された幹部の中には抗日パルチザン時代からの故金日成(キム・イルソン)主席の同志の一族も含まれたとした上で、「家族や親戚らが収容所に連行されるなど、張氏の処刑により少なくとも2万人が粛清された」と説明した。

 姜氏によると、これらの内容は昨夏に脱北して韓国に亡命したテ・ヨンホ前駐英北朝鮮公使をはじめ最近脱北した元北朝鮮高官6人の証言に基づいて出した結論で、来週オランダ・ハーグの国際刑事裁判所(ICC)に関連資料を提出し、捜査を促す予定という。

 張氏は2013年12月に反党、反革命の分派行為と国家転覆陰謀罪で処刑された。当時、張氏の側近の李龍河(リ・リョンハ)党第1副部長と張秀吉(チャン・スギル)同副部長が処刑されたとの報道はあったが、約1000人が処刑されたとの証言が出たのは初めて。

 姜氏は「被害者の規模に関する証言が少し食い違う部分はあるが、張氏に対する判決の内容が捏造(ねつぞう)されたという点、集団虐殺があったという点、家族が収容所に送られたという点についての証言は共通している」と説明した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。