Go to Contents Go to Navigation

慰安婦被害事例集の刊行記念講演 22日にソウル市庁で

記事一覧 2017.02.10 11:40

【ソウル聯合ニュース】ソウル市とソウル大の人権センターが22日にソウル市庁で、旧日本軍の慰安婦被害の事例集刊行を記念した講演会を開く。

 昨年末に刊行された事例集には、慰安婦を強いられ苦しみ続けた10人の被害者の生々しい証言がつづられている。昨夏に米国やタイの調査で見つかった公文書や捕虜尋問の資料、写真、地図などの関連資料も掲載された。

 講演会では、事例集の刊行に携わった聖公会大東アジア研究所のカン・ソンヒョン教授と東国大対外交流研究院のパク・チョンエ研究員が講師を務める。被害者の女性たちに関する展示のほか、被害者女性たちへの言葉を書き残す催しなども行われる。

 講演会の参加希望者は21日までにソウル市の公共サービス予約のホームページから申し込めばよい。申し込んだ人には事例集が渡される。

 市は今年、慰安婦に関する記録物の管理事業と、韓国統監官邸の跡地に昨年造成された追悼公園「記憶の場」を活用する教育プログラムなどを通じ、痛みの歴史を記憶し、被害者を追悼する計画だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。