Go to Contents Go to Navigation

札幌アジア大会に北朝鮮7選手が出場 朝鮮総連機関紙

記事一覧 2017.02.10 13:48

【ソウル聯合ニュース】在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)機関紙の朝鮮新報が10日、北海道の札幌と帯広で開催される冬季アジア大会(19~26日)に北朝鮮から7人の選手が出場すると報じた。

フィギュアスケートのリョム・テオク、キム・チュシク組=(AP=聯合ニュース)

 フィギュアスケートのペアにリョム・テオクとキム・チュシク、ショートトラックにチェ・ウンソン、キム・チョルグァン、キム・テソン、キム・ピョルソン、パク・クァンミョンが出場する。

 朝鮮新報はリョム、キム組について、昨年8月のアジアンオープントロフィーで優勝するなど近年急成長を遂げていると紹介した。

 ショートトラックの5選手は、全員が昨年12月に中国で開催されたワールドカップ(W杯)第3選に出場したという。中でもチェ・ウンソンを「注目株」とした。

 札幌大会には韓国、北朝鮮を含め32カ国・地域の選手が出場する予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。