Go to Contents Go to Navigation

3月の合同軍事演習 韓米が米戦略兵器展開に合意

記事一覧 2017.02.14 11:50

【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が3月に実施する合同軍事演習「キー・リゾルブ」と野外機動訓練「フォールイーグル」に米国の戦略兵器を投入することで合意したことが分かった。挑発を続ける北朝鮮に対応するもの。

韓米合同軍事演習のイメージ=(聯合ニュースTV)

 韓国国防部は14日、国会国防委員会への報告資料で、「昨年と同様に、過去最高水準の演習で韓米同盟の対北対応の決意を顕示するため、米国側と戦略資産の展開規模および公開拡大について協議している」と明らかにした。これに関し韓国軍関係者は、「米国のステルス戦闘機F22や原子力空母などを順次展開することで米国と認識が一致した。3月の韓米合同演習で米国の戦略兵器が展開されるだろう」と述べた。

 米原子力空母カール・ビンソンやF22、原子力潜水艦、戦略爆撃機のB1B、B52などが出動すると予想される。

 また、国防部は韓米合同軍事演習について「北の核と大量破壊兵器に対応し、報復能力を確保するための訓練を強化する。演習後半部は統合火力撃滅訓練を通じ北と国民向けにメッセージを強く打ち出す」と説明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。