Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏 恐怖政治で体制強化に注力=韓国統一部

記事一覧 2017.02.14 13:49

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は14日、国会外交統一委員会への業務報告資料で、北朝鮮が核・ミサイル技術の高度化とともに金正恩(キム・ジョンウン)体制の強化に注力していると明らかにした。

故金正日総書記の生誕記念日「光明星節」(2月16日)を控え、金総書記の銅像に献花する北朝鮮政府や軍の関係者ら=14日、ソウル(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 北朝鮮が最近、恐怖政治を強め、住民を統制し、労力動員を通じた制裁克服を試みるなど人権状況の悪化が続く可能性があるとの見方を示した。

 また、「内部的には主な政治行事を控え、金正恩体制を堅固にするための努力を傾けている」と報告した。

 北朝鮮では今年、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕75年、 故金日成(キム・イルソン)主席の生誕105年、金正恩朝鮮労働党委員長の党・国家最高位就任5年などを記念する行事が予定されている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。