Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 在韓日本大使館公使呼び抗議=次期学習指導要領の記述で

記事一覧 2017.02.14 18:05

【ソウル聯合ニュース】日本文部科学省が独島を「わが国固有の領土」と明記した学習指導要領改訂案を告示したことを受け、韓国外交部の鄭炳元(チョン・ビョンウォン)東北アジア局長は14日午後、在韓日本大使館の鈴木秀生総括公使を呼び、抗議の意を伝えると共に、独島に関する内容が学習指導要領に含まれないように求めた。

 政府は趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)外交部報道官名義の論評も発表する予定だ。

 改訂案は小中学校の社会科学科目で、独島と尖閣諸島を「日本固有の領土」と教えることを義務付けている。現在も日本の教科書には独島と尖閣諸島が日本の領土と表記されているが、法的拘束力を持つ学習指導要領にこのような内容が明示されるのは初めて。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。