Go to Contents Go to Navigation

脱北した前駐英公使らの警護強化 金正男氏殺害受け=韓国

記事一覧 2017.02.15 16:51

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、正男(ジョンナム)氏がマレーシアで13日に殺害された事件を受け、韓国政府が自国に亡命した主な北朝鮮脱出住民(脱北者)に対する警護を大幅に強化したことが15日、政府筋の話で分かった。昨夏に脱北して韓国に亡命し、インタビューに応じるなど積極的に活動しているテ・ヨンホ前駐英北朝鮮公使に対する警護も強化されたという。

テ・ヨンホ前公使(資料写真)=(聯合ニュース)

 元高官など主要な脱北者が韓国入りすると、通常は3~4年ほどボディーガードが付いて身辺を保護する。公開的な活動をする人の場合はこの期間が過ぎても密着警護が続く。

 脱北者団体「自由北韓運動連合」の朴相学(パク・サンハク)代表のように北朝鮮体制を批判するビラ散布に関わる脱北者も、北朝鮮のターゲットになりかねないためボディーガードが付くという。

ビラをくくり付けて北朝鮮に飛ばす風船を準備する朴相学代表(資料写真)=(聯合ニュース)

 統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官はこの日の定例会見で、脱北者に対する身辺保護システムを点検していると伝えた。

 韓国では過去に、金正日(キム・ジョンイル)総書記の妻だった成恵琳(ソン・ヘリム)氏のおい、李韓永(イ・ハンヨン)氏が北朝鮮工作員に殺害される事件が起きたほか、黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記の暗殺を企てたとして北朝鮮工作員が逮捕されたこともあった。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。