Go to Contents Go to Navigation

五輪開催地・平昌の特選料理 50店で提供へ

記事一覧 2017.02.18 11:15

【平昌聯合ニュース】来年2月に冬季五輪が開催される韓国北部の江原道平昌郡は、地元の特産物を活用したメニューを取り扱う飲食店を現在の17店から50店に増やす。

平昌五輪特選メニュー(資料写真)=(聯合ニュース)

 平昌郡はメニューの普及に向けて昨年3回のセミナーを行い、今年も3回以上のセミナーを計画している。

 販売されるメニューはマス丼、マス餃子、スケトウダラのカルグクス(麺料理)、韓牛(韓国在来種の牛)のプルコギ、そばのパスタ、アップルパイ、トドク(ツルニンジン)のロールカツの7種類だ。

 これらの料理は平昌地域の農・水・畜産物を材料に用い、韓国料理と洋食を融合させた。

 地元自治体トップの沈在国(シム・ジェグク)平昌郡守は「韓国内外の観光客の舌を魅了し、オリンピック開催を成功させるために特選メニューの普及と一般化に行政力を集中させる」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。