Go to Contents Go to Navigation

ベルリン映画祭 女優賞にキム・ミニ=韓国人女優で初

記事一覧 2017.02.19 10:53

【ベルリン聯合ニュース】第67回ベルリン国際映画祭は18日、コンペティション部門の授賞式が開かれ、女優賞に韓国のキム・ミニ(34)が選ばれた。同映画祭で韓国人女優が受賞するのは初めて。

ベルリン映画祭で開かれた記者会見に出席したキム・ミニ(左)とホン・サンス監督=18日、ベルリン(聯合ニュース)

 キム・ミニはホン・サンス監督の映画「オン・ザ・ビーチ・アット・ナイト・アローン」で映画監督と不倫に陥る女優を熱演した。

 キム・ミニは受賞後、「とても美しい映画を作ってくれた監督に感謝する。この映画が誰かには心に深く響くものがあるかもしれない。映画祭で星のように輝く喜びをプレゼントしてもらった」と涙を浮かべながら感激した。

 キム・ミニは1999年にテレビドラマでデビュー。映画「火車 HELPLESS」(ピョン・ヨンジュ監督、2012年)、「今は正しくあの時は間違い」(ホン・サンス監督、15年)、「お嬢さん(アガシ)」(パク・チャヌク監督、16年)などに出演した。

 一方、ホン監督とキム・ミニは昨年6月から不倫が取り沙汰されている。昨年11月にはホン監督が夫人との離婚手続きに入ったことが明らかになった。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。