Go to Contents Go to Navigation

韓国政府当局者 北朝鮮大使の非難に「根拠のない主張」

記事一覧 2017.02.22 10:53

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の姜哲(カン・チョル)駐マレーシア大使が、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件の捜査で韓国とマレーシアが結託したという趣旨の発言をしたことに対し、韓国外交部の当局者は22日、「根拠のない、こじつけの主張だ」と批判した。

姜大使=(AP=聯合ニュース)

 同当局者は「(姜氏の主張に)答える価値はないと思う。これに関しマレーシア政府も外相声明を通じ明確に立場表明したと聞いている」と述べた。

 姜氏はマレーシアと韓国への批判を繰り返している。17日に、マレーシア当局による正男氏の司法解剖の結果を受け入れることができないとしながら、韓国政府が政治スキャンダルから逃れようとこの事件を利用し、北朝鮮のイメージを損ねているとの趣旨の発言をした。20日にもマレーシア警察の捜査結果は信じられないとし、北朝鮮の犯行が有力視される背後に韓国とマレーシア政府の結託があると主張した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。