Go to Contents Go to Navigation

正男氏殺害「背後に北朝鮮」 韓国政府が重ねて指摘

記事一覧 2017.02.22 13:30

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は22日の定例会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件について、北朝鮮国籍者が容疑者となっていることを挙げ、「以前にも述べた通り、背後に北(政権)がいることは確実視される」と述べた。

会見する鄭俊熙氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 一方、金委員長の側近で政権ナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長の現況について、鄭報道官は「特に言えることはない。(崔氏について)われわれが持っている情報はない」と説明した。崔氏はここ3週間、公の席上に姿を見せておらず、訪中したとの説や病気との説などが出回っている。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。