Go to Contents Go to Navigation

沖縄キャンプ中に免許期限切れで運転 林昌勇に罰金30万円

記事一覧 2017.02.22 18:32

【宜野湾聯合ニュース】元ヤクルトで第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表の林昌勇(イム・チャンヨン)投手が沖縄キャンプ中に運転免許の期限が切れた状態で事故を起こし、道路交通法違反で罰金30万円の略式命令を受けた。

沖縄キャンプで練習を行っている林昌勇=(聯合ニュース)

 WBCに臨む韓国代表は12日に出国し、沖縄で練習を行っていた。

 林投手は18日午後、代表チームの練習を終え、知人の車を借りて那覇に移動。午後6時ごろ、接触事故を起こした。 

 韓国野球委員会(KBO)関係者は「林昌勇が運転する車に同乗していた知人が水を買おうとして車から降りる際に、そばを通過しようとしたバイクと接触して事故が起きた」と説明した。双方にけがはなかったという。

 事故の調査に来た警察が林投手の運転免許の有効期限が切れていることに気づき、書類送検した。林投手は免許の有効期限が切れていることに気づかなかったと説明したという。

 代表チーム関係者によると、林投手は22日に罰金30万円を支払い、23日には予定通り代表チームと帰国するという。

 林昌勇は2008年に韓国サムスンからヤクルトに移り守護神として活躍。12年に退団した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。