Go to Contents Go to Navigation

捜査終了時に朴大統領を「起訴中止」処分 特別検察 

記事一覧 2017.02.23 16:29

【ソウル聯合ニュース】韓国政府から独立して朴槿恵(パク・クネ)大統領の疑惑などを調べる特別検察官捜査チームの李圭哲(イ・ギュチョル)報道官は23日の会見で、捜査期間が終了する際には朴大統領を「起訴中止」処分とすることになりそうだと伝えた。

朴大統領(右)と朴英洙(パク・ヨンス)特別検察官(資料写真)=(聯合ニュース)

 これは、朴大統領が憲法裁判所の決定により罷免されるまで、または任期満了で退任して前大統領になるまでの時限付きで起訴中止とすることを指す。この場合、検察が前大統領となった朴氏を起訴するかどうか判断することになる見通しだ。

 起訴中止は、所在不明だったり捜査が不可能な理由があったりする場合に捜査を一時的に中止する処分。特別検察官は、捜査期間の延長申請が認められなければ今月28日に捜査を終了する。

 大統領は憲法上の規定により、内乱罪などを除き在職中は刑事訴追されない。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。