Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 局面転換図り挑発の可能性=韓国統一相

記事一覧 2017.02.23 16:54

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の洪容杓(ホン・ヨンピョ)長官は23日の国会外交統一委員会で、北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件をめぐり、「北が局面転換のため誤った判断から挑発に出る可能性がある」との見解を示した。その上で「あらゆる可能性について緊密に対応する」と強調した。

外交統一委員会で金正男氏殺害事件について報告する洪長官=23日、ソウル(聯合ニュース)

 洪氏は北朝鮮の新たな挑発行為に備え万全の態勢を確立すると強調。国家安全保障会議(NSC)などで状況を共有し政府を挙げて対策を協議すると説明した。

 また、金正男氏が殺害される前に亡命政府樹立を進めていたとの情報について質問されると、「過去に一部の脱北者団体が動いたものの中断されたと聞いている」と述べた。その上で、韓国政府は北朝鮮の亡命政府樹立に同意しないとの立場を示した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。