Go to Contents Go to Navigation

韓国情報機関「北の核実験いつでも可能」

記事一覧 2017.02.27 17:35

【ソウル聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院(国情院)は27日、北朝鮮の核実験の動向について、「(北東部の) 豊渓里の2番坑道では冬の間も維持管理が続いており、3番坑道は準備が完了した状態で、いつでも核実験が可能な状態を維持している」と国会情報委員会に報告した。同委員会の幹事が伝えた。

 国情院はまた、北朝鮮が昨年、寧辺の原子炉から約10キロのプルトニウムを抽出しており、今年末からさらなる再処理も可能だとした。

 一方、中国の石炭輸入停止で、北朝鮮の外貨収入が昨年に比べ23%減少すると分析。これにより雇用が30万人減って、国内総生産(GDP)も2.5ポイント減少することが予想されると報告した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。