Go to Contents Go to Navigation

韓国国防部 THAAD配備用地の管理作業開始

記事一覧 2017.02.28 12:13

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部は28日、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の配備先の慶尚北道星州郡にあるゴルフ場を軍事保護区域に指定し、管理作業に着手した。

ゴルフ場への出入りを制限する警察=28日、星州(聯合ニュース)

 国防部の関係者は「(用地を保有していた)ロッテとの間で星州郡のゴルフ場と京畿道南楊州市の国有地を交換する契約を締結したことにより、ゴルフ場は今日(28日)から国防部の用地になった」と明らかにした。 

 関係者によると、ゴルフ場に陸軍第50歩兵師団の警備兵を配置し、フェンスを設置する作業が今日から始まる。

 フェンスの設置に必要な鉄条網などの物資はヘリコプターで移送する計画だ。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。