Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮「化学兵器ない」 軍縮会議で正男氏事件に初言及 

記事一覧 2017.03.01 10:20

【ジュネーブ聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件で国際的な非難を受けている北朝鮮が28日(現地時間)、ジュネーブ軍縮会議で事件に初めて言及した。

マレーシア警察は正男氏の殺害に猛毒のVXが使われたと発表した=(聯合ニュースTV)

 在ジュネーブ北朝鮮政府代表部のチュ・ヨンチョル参事官は同会議で、猛毒の神経剤VXが殺害に使われたとするマレーシア警察の発表を念頭に、「(北朝鮮は)決して化学兵器を保有、使用していない。マレーシアで起きた事件に対する疑惑と仮定を全て拒む」と述べた。

 また、韓国政府が同会議で、北朝鮮による化学兵器使用の脅威が現実になったとして北朝鮮の国連加盟国資格の停止を訴えたことに対し、卑劣でとんでもない主張だと反発した。正男氏の名前は出さなかった。

 昨年の韓国国防白書によると、北朝鮮は2500~5000トンの化学兵器を保有していると推定される。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。