Go to Contents Go to Navigation

金正男氏殺害 容疑者の女2人を起訴=マレーシア検察

記事一覧 2017.03.01 14:47

【クアラルンプール聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察に逮捕された容疑者の女2人が1日、起訴された。

シティ・アイシャ容疑者(左)とドアン・ティ・フォン容疑者=(AP=聯合ニュース)

 マレーシア検察は、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者とベトナム国籍のドアン・ティ・フォン容疑者を殺人容疑で裁判所に起訴した。

 検察は起訴状を通じて容疑者の女2人が13日午前、クアラルンプール国際空港第ターミナルで逃亡中の他の容疑者4人と共に北朝鮮国籍の「キム・チョル」を殺害した容疑があると明らかにした。

 キム・チョルは正男氏の仮名とされる。正男氏は殺害当時、キム・チョルと記載された外交旅券を所持しており、公式には身元が確認されていない。

 当時マカオに向かう予定だった正男氏は空港の出国ロビーで容疑者の女らに毒物による攻撃を受けた後、空港内の診療所から病院に搬送される途中で死亡した。

 マレーシア警察は2人の女と北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者の3人を逮捕し、当局が正男氏の遺体から検出された毒物を分析した結果、猛毒の神経剤VXが使用されたと結論付けた。

 検察は「容疑者の女については(有罪なら)死刑も可能だ」と明らかにした。

 また、別の容疑者で北朝鮮国籍のリ・ジヒョン、ホン・ソンハク、オ・ジョンギル、リ・ジェナムの4人は、犯行直後に平壌に逃亡した。

 警察が今回の事件に関与したとみている在マレーシア北朝鮮大使館のヒョン・グァンソン2等書記官、北朝鮮の航空会社・高麗航空のキム・ウクイル職員は大使館内に潜んでいるとされる。

 検察は今週中にリ・ジョンチョル容疑者を殺人容疑で起訴する方針だ。マレーシア当局は、ヒョン・グァンソン2等書記官など他の容疑者についても北朝鮮側に捜査への協力と送還を求めている。

裁判所に入る容疑者=(AP=聯合ニュース)

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。